読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のブログ 弐番館

造園会社に勤める僕が、趣味や仕事のことを書いています。

ウクレレ購入

指の動かし方が難しいので、母親にプレゼントしました。おわり

ゴッホとゴーギャン展よりも

昨日、ゴッホゴーギャン展に行ってきた。人間味があり、生き物本来の姿を描いたゴーギャンとストイックに上手い絵を描くことに全力を注いだゴッホという印象を受けた。入場券1500円プラス520円払ってイヤホンによる解説を聞きながら絵を観て正解だった。また、ゴッホゴーギャン以外の同じ時代の仲間の画家の絵も多数展示されているのも良かった。もう少しゴッホの作品があればなぁとちょっと思ったけど。日曜日の午後だったので会場は混んでいた。ゴッホの絵は本当に上手い絵だ。そしてゴーギャンの絵は生きている絵だ。私は特にゴーギャンの絵が好きだ。世界観が好きなのだ。しかし、何と言っても一番好きなのは、やっぱり誰が何と言おうとラッセンの絵なんだよなぁ。おわり

圧倒的成長は無理

ありがたいことに今日は仕事で個人庭の剪定に行くことが出来た。そして上司から、去年私が剪定した木を今年も任された。結果的に去年剪定したときよりもスピードもクオリティも上げることが出来た。剪定のコツみたいなのも去年より掴めてきたことが実感出来たのは非常に嬉しかった。しかし残念なことに、車の停め方と掃除の出来については上司から怒られてしまった。せっかく剪定が上手くいったのに本当に悔しい思いをした。私にとって圧倒的成長というのは無理なんだと思った。もちろん全てが上手くいく日なんてないのは分かっている。とにかく今日は「去年よりも上手く剪定が出来た」ことは、確実に去年よりも成長出来たところなのだ。地道に失敗は少しずつ消していき、少しずつ出来ないことを出来るようにしていくしかないのだ。おわり

カード払い症候群と浪費癖

今まで現金至上主義だった私がクレジットカードで支払いをすることによってポイントが貯まることに味をしめてしまった。ガソリン代が節約出来そうだ。また、セブンイレブンではnanaco、それ以外のコンビニではマナカといった電子マネーで支払うことが多くなったので、現金を使う頻度が減った。先月nanacoを作ったのは正解だったと思う。ポイントがどんどん貯まる。WAONと比べると全然いいと思う。電子マネーは現金でチャージするから、まだ財布から現金が減った感覚があるので、金銭感覚がおかしくなることは無いが、問題はクレジットカード払いだ。財布から現金が減らないので、お金を使った感覚が無い。どんどん使ってしまう。月末が怖い怖い。今日も少しだけ浪費してしまった。今年から新たに、革製品のメンテナンス及び靴磨きという趣味ができてしまったので、豚毛のブラシ&靴磨き用の消しゴムのようなものを今日は買ってしまった。なんだかんだ浪費したけど必要な物を買ったわけだし、などと自分に言い聞かせて、今から靴磨きをしようと思う。おわり

やること多すぎ問題

今乗っているデミオがリコールの対象になっていて、マツダのディーラーへ行くように案内がきた。行けばすぐに修理してくれるとかそういうわけではないので、とりあえず予約の電話をした。17時までに店に入らないと修理が出来ないので、週に唯一の休日である日曜日に行くハメになった。しかも来月上旬まで予約が詰まっているらしく、来月末の日曜日の午後からということになった。せっかくの休日である日曜日に13時から予定を入れられるというのは正直テンションが下がりまくりである。もちろんディーラーは何も悪くないんだけど、今回のリコールの件と予約が詰まっている件について一言謝りの言葉が欲しかった。ウクレレを買いに行くという私の無駄な予定もあるし、今週の日曜日は名古屋に行くし、来月はボランティア活動もあるので準備が忙しい。本を読む時間もなかなか確保出来ないし、やっぱり新しい腕時計も欲しい。こうしてブログを書いている暇があったら資格の勉強でもしろよと自分にツッコミたくなるが、こういう一見無駄な時間が、私の心に余裕を与えてくれるのである。とにかく、やりたいことと期限までにやらなければいけないことが多い。多すぎる。優先順位を付けて順序立ててこなしていけばいいのは重々承知しているが、そんなことは絶対にしたくない。こういう非効率で無駄な時間がないとストレスにやられてしまうのだ。結局、やりたいことをやらなければいけないことと並走させていかないとやってられないのである。あぁ忙しい忙しい。おわり

楽器を始めたい

最近、漠然と思っているのだけれど、楽器を始めたい。ウクレレみたいな絃楽器がいい。楽譜すら読めないけど(笑)金銭的にも体力的にも精神的にも落ち着いてきたからなのか、やりたいことが非常に多くなってきた。海外に行くほど休みもないし、外国人の友達がいるわけではないけど、英語も勉強したいと思っている。結局なんだかんだ言って、たぶんしないけど(笑)今年は登山も減らしたし、マラソンも止めるかもしれない。読書が日課になってきているし、知識欲が強くなってきているような気がする今日この頃。自分自身、自分の新たな一面を見たいというか、趣味が増えたというか、なんかよくわからないけど(笑)来月のボランティア活動(会場は室内)もあるし、今年は文化的な活動や学習がメインになっていくような気がする。おわり

過去には戻れない

昨日は大学時代のサークルの部室に行って後輩達と飲み会をした。初対面の後輩達に私の大学時代の様々なエピソードが語り継がれていて正直驚いた。非常に恥ずかしい気持ちもあったが、結果的に初対面の後輩と、すぐに距離が縮まったような気がした。私は、たいした人間ではないけれど、後輩達に人生の先輩として少しはいいアドバイスが出来たように思う。2年以上ぶりに部室に行ったので、どんな顔をして行けばいいのかと思っていたけれど、本当に楽しかった。久しぶりに若い人の話を聞いたり話をしたので、なんだか、ちょっとしたリハビリのようだった。新歓に来てくださいと後輩達に言われたので、時間があれば近いうちにまた顔を出したいと思った。大学時代は本当に自由だったし、楽しかった。過去には戻りたいけれど戻れないのだから、とにかく今を充実させたいと思った。おわり

きっとハイテンションになってしまう

明日は飲み会だ。おそらく友人や後輩に会うなり、私はハイテンションになってしまうような気がする。よく考えたら、ここ1年半ほど、それまでの人生に比べて、同世代の人との関わりが激減している。特に自分よりも年下の人と会う機会が、ここ1年あまり無かったように思う。「自分以外は全て師なり」という考え方がある。明日、後輩達と飲み会で話をするなかで、後輩たちから学ぶことも多いのだろうと思う。おわり

雑貨屋

昨日イオンに行ったのは、今年、大学を卒業するサークルの後輩へのプレゼントを買うためだった。事前に聞いておいた欲しい物を買うために何軒か雑貨屋を回った。当初はAmazonで買うつもりだったんだけど、せっかくなら直接目で見てプレゼントを選びたかったので、店舗で買うことにした。紙で出来た自然気化式加湿器を探して、雑貨屋を4、5軒回ったが見つからず、結局イオンのロフトで見つかり、購入した。アピタやイオンの中にある雑貨屋さんには入りやすいが、雑貨屋さん単体の店舗に作業服のアラサー男が一人で入って行くのは超アウェイだということが分かった。店員さんもお客さんも女性ばかり。何しに来たの?という視線を感じそうだったので、彼女へのプレゼントを買いに来たんだぜ!っていうオーラを出しながら店に入った。しかし、後輩の欲しい物(加湿器)が見つからず、ひたすらウロウロした挙げ句、店を出るのも我ながらアヤシイ感じがしたので、店員さんに商品があるか聞いてから店を出ることを心掛けた。今回、雑貨屋さんをゆっくり回ってみて様々な商品が売られていることがわかった。特にキッチン用品や子供服など、意外と実用的な商品が多いんだなという印象を受けた。もし今度、雑貨屋さんに行くときは彼女と行くときだな。と自分に言い聞かせ、昨日私は眠りについたのだった。おわり

イオンに行って欲しくなったもの

基本的に物欲の少ない私が今日イオンに行って欲しくなったものが2つある。そもそも今日は、仕事が雨のため早く終わった。というか、本当は朝から休んでもよかったんだけど、雑務を終わらせたかったのと、非常にありがたいことに色々な仕事を任されたので昼過ぎまで普通に仕事という1日だった。地元のイオンではラッセンの絵の展示即売会をやっていた。私はラッセンの絵が好きだ。臨場感のある南国のヤシの木や波、カラフルな魚たち、イルカやシャチの躍動感、最高である。私が作品を観ていると受付にいた非常に若い(私より年下の)バイヤー?が絵の説明をしてくれた。光の当て方で絵の雰囲気が変わること、ラッセンの絵の魅力、値段のことなど、非常に丁寧に作品について教えてくれた。本当にその絵(ちなみにシャチがメインの絵)が気に入った私は本気で購入を考えたが、さすがに値段が95万円という私の車よりも高い値段だったので、仕方なく諦めた。もし私が月収40万くらいだったら、たぶん買っていたと思う。そして絵は一生モノと考えると、ラッセンの絵が95万円というのは決して高くないんじゃないかなと思った。イオンで夕食を済ませ、すぐに帰ろうと思ったが、最後に時計店を物色することにした。私は基本的に国内メーカーの腕時計が好きだ。安心感があるし、海外の有名ブランドは値段が高いし、デザインが好みの物が少ない。私の見た店はCITIZENやSEIKOの腕時計をメインに置いていたので、一番好きなSEIKOの腕時計を見ていた。特に気になったのは、世界初のGPSソーラーウォッチ「ASTRON」で、私が欲しいデザインのものは値段が23万円。貯金を切り崩して買うのもアリだけれども、一昨年6万5000円でSEIKOの時計を買っているので(しかも、年に数十回しか使って(付けて)ない)、もし23万の腕時計を買っても宝の持ち腐れになること間違いなしなので我慢した。もし私が海外への出張に頻繁に行く商社マンだったら確実に購入したと思う。私は商社マンでも、そもそもスーツを着る職業でもはないから必要ないんだ。と自分に言い聞かせて、その場を後にした。あーでも、欲しいんだよなぁ。スゲーかっこいいもん。今のやつ(65000円)売って買っちゃおっかな。あーでも高いんだよなぁ。あー悩む。おわり

少しだけレベルアップ

仕事の休憩中に剪定の自主練をした。先輩社員が勧めてくれた方法で、試行錯誤しながら、短時間であるが自分のセンスを磨くことが出来た。休日に祖父母宅のゴヨウマツも剪定をしてみようと思った。仕事では、スピード感、臨機応変な対応、効率的な方法など、まだまだ出来ないことが多すぎる。毎日が修業だ。先輩から、木から、庭全体から、本当に学ぶことが多い。また、会社では一番下だからこそ、全員がスムーズに仕事が出来る環境を構築したい。どんなことも完璧にはなれないけど、職人として死ぬまで完璧を追い求めたいと思う。一生勉強だ。おわり

モチベーション

連休がしばらくないので、若干モチベーションが下がっている。寒い日がまだ続いているで、特に朝のテンションが低め。だいたいどうやってモチベーションを上げればいいのか分からなくなっている。1ヶ月くらい南国にでも行けばいいのだろうか。しかし、仕事を日々楽しくやっていくレベルにはモチベーションがキープできているので、まぁこんな感じで別にいいのかもしれない。なんか疲れが完全に抜けない今日この頃。寒さで身体が固まっている気がする。肩がガチガチだ。なんか日々の暮らしにも閉塞感がある。あぁ早く結婚したい。なんかもう実家暮らしの親に甘えきった現在の生活が、ぶっちゃけストレスも少ないし、家事もしなくていいから結構幸せではあるんだけれども、アラサーという年代になって、このままでいいのかっていう漠然とした不安みたいなのが、年を取るごとに、というか大げさに言うと日々大きくなってきている。年相応に自立したい。しかし、一人暮らしは金銭的にも精神的にもキツいので、早く結婚して、奥さんと二人で暮らしたい。そもそも彼女いないけど。おわり

平日の充実あっての休日の充実

3月5日のボランティアに向けて着々と準備を進めている。今日は当日使う看板を作った。話は変わるが、毎日の読書もいい感じに日課になってきている。ボランティアについては、今週の日曜日にサークルの後輩に宣伝をする予定だ。まぁただの飲み会なんだけど。また、今週の日曜日は早朝に祖父母宅の庭の剪定をするつもりだ。遊びに行く休日でも時間を作って少しは剪定技術を上げたい。正直、仕事での自分の成長がスローになってきている気がするし、後輩が入ってきたときに教えられるのかと言われると、今の現状だと、なかなか難しいところである。休日は平日のために。平日は休日のために時間を有効活用していきたい。おわり

盛りだくさんな1日

天気は雨だが今日は盛りだくさんな1日だった。元々天気が悪いことを覚悟して登山は最初から諦めていたので、新城にアマゴ料理を食べに行った。出発が少し遅くなったので、午前中はホームセンターへ行き、仕事で使うノコギリと、革製品用の汚れ落としとクリームを購入。革靴と高島屋で買ったバッグをメンテナンスした。午後は美容院に行くために予約の電話をした。17時半からなら大丈夫だというので、それまでの時間に3月にやるボランティアのチラシを完成させ、印刷した。まだ時間に余裕があったので、交流センターにチラシを持って行き、チラシの掲載とラックに入れてもらうようお願いした。美容院には早めに着いてしまったが、空いていたので早めにカットしてもらった。それから風呂に入って、夜は家で鍋。今はテレビを観ている。そろそろ寝ようかという感じだ。なんだかんだ今日は盛りだくさんで、やりたいことが色々出来たように思う。おわり

チラシ完成

3月に行うボランティア活動のチラシがほぼ完成した。明日印刷して会場(市民交流センター的な場所)に持っていく予定だ。昨年から準備をしてきたので、このままスムーズに当日を迎えることが出来そうだ。具体的な内容を書くと知り合いから特定されそうなので書かないが、私にとっては再挑戦、そして地元でのデビュー戦と言ったところだろうか。一言で言うと、東京から逃げたのは恥だったが、地元で役に立つ人間になりたい。今の私は完全な地元人間になりつつある。また、昨年に比べると休日の登山の回数も減らしているので、休みは少ないが様々なことに挑戦出来ている。間違いなく昨年よりも充実した日々を送っているし、周りの多くの人との交流も密になってきた。結局、人間は社会的動物であり、一人では生きていけない。そんなことを噛み締めながら生きている今日この頃。地元サイコー。おわり