僕のブログ 弐番館

造園会社に勤める僕が、趣味や仕事のことを書いています。

自転車背負って登山。宮路山~五井山~御堂山~砥神山~御津山~新宮山。〈御堂山編〉という話


昨日に引き続き、日曜日の話です。


8時30分、五井山に登った僕は、御堂山に向かいます。


自転車で、舗装された林道を下って国坂峠に向かいます。


しかし、ここで緊急事態発生!!




f:id:judoandrakugo:20151202221808j:image
指先が冷たい!!



自転車で下っていると、露出した指先が強風に晒されめちゃくちゃ冷たいんです。


しかも坂道を下っているのでブレーキをかけながら進んでいるため、必然的に指先を隠すことも出来ず、どうしようもない状態でした。


冬の山での自転車の運転には、指先までカバーするちゃんとした手袋が必須ですね。


次回からは気をつけたいと心から思いました。






この下りでは、行き止まりの道に入ってしまったりして10分以上ロスしましたが、8時50分ごろ、二車線の道(国坂峠?)に着いたのですが、道の向かいにある御堂山・砥神山への登山口(獣害防護柵の出入り口)を見逃してさらにどんどん下ってしまい、さらに30分以上のロス(泣)


自転車を折り畳み、登り口の防護柵を開けたときは既に9時30分くらいでした。



御堂山山頂へのルートは、西尾の茶臼山のような道が続いていて楽しかったです。


9時50分、御堂山山頂に着きました。
f:id:judoandrakugo:20151202224430j:image


山頂には、丹野城趾の石碑があります。
f:id:judoandrakugo:20151202224542j:image





f:id:judoandrakugo:20151202224606j:image
ちなみに景色は、こんな感じです。


宮路山、五井山、御堂山と登っていると、だんだんと三河湾が近くなってくるのが実感出来ます。



5分休憩し、
9時55分、砥神山へ向けて出発しました。
f:id:judoandrakugo:20151202224818j:image


続きは明日書きます。