読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のブログ 弐番館

造園会社に勤める僕が、趣味や仕事のことを書いています。

野犬に注意!!廃墟、慰霊碑、デートスポット、三ヶ根山山頂は愛知県最強のディープスポットだった!!



日曜日、午前中に音羽富士~ホド田山、謎の山に登り、13時~愛車にリアルーフスポイラーを取り付けてもらった僕は、何を思ったのか、15時30分から三ヶ根山に登り始めました。


我ながら異常な体力です(笑)




まず始めに、



みなさん三ヶ根山をご存知でしょうか?
三ヶ根山は愛知県の蒲郡市西尾市幸田町に跨がる山で、三河湾国定公園に指定されており、山頂は三河湾を一望できる景勝地として有名なところです。
また、三ヶ根山を東西に横切る三ヶ根スカイラインは現在でも有料道路(20~8時は無料みたいです。)として現役です。

f:id:judoandrakugo:20160112201249j:image



今回、僕は有料道路(普通自動車は410円)を使わずに、幸田町側から登りました。
西尾市幡豆町大沢のゴミステーションに車を停めて、いざ出発!
f:id:judoandrakugo:20160112201606j:image
親切な看板が設置されていました。
ちなみに画像右端の緑色が僕の車です。




集落を通過し、両側に人工林の広がる登山道をひたすら登ります。

f:id:judoandrakugo:20160112202309j:image

登ること20分ほどで、三ヶ根スカイラインに出ました。目の前は廃墟と化したレストランがありました。

f:id:judoandrakugo:20160112202459j:image
落書きされていることもあり、怖い雰囲気がありました。


展望台に行く前に、目の前にあった三ヶ根観音に行きました。
ここは、通称フィリピン観音と呼ばれており、戦没者の慰霊碑が沢山あります。
f:id:judoandrakugo:20160112202804j:image
また、慰霊碑だけでなく、豊橋沖で見つかった零戦のプロペラとエンジンもありました。




三ヶ根観音から1分ほど進んだ先の展望台(第一展望台?)には駐車場とトイレ、カップル用の撮影スポットもありました。


カップルも沢山いました(怒)



山頂(駐車場付近)からの景色です。手前の町並みは西尾市(旧幡豆町)あたりでしょうか。奥には渥美半島が見えます。
f:id:judoandrakugo:20160112203204j:image

他にも頂上付近からは知多半島や、北側の開けたところからだと刈谷方面も見ることが出来ました。三河湾が一望できる景勝地というのも納得です。



しかし、


山頂の三角点が何処にあるか分かりませんでした。
それっぽいところには行ったのですが、笹が生い茂っており、見つかりませんでした(泣)



他にも、


廃墟としては廃レストランの他に廃ホテルがあって、とても怖い雰囲気がありました。



山頂付近をウロウロしていたら16時20分くらいになったので、もと来た道を下山しました。




15分ほどで車を停めた大沢のゴミステーションに戻れる計算でしたが、人工林が思ったより薄暗く、怖かったのでダッシュで下山しました。







しかし、緊急事態発生!!




スカイラインから5分ほど駆け降りたところで、いきなり50m先に白い犬が3匹、茶色い犬が1匹現れました!!

紀州犬(白い中型の日本犬)にそっくりな犬達。


紀州犬が分からない方はソフトバンクのお父さん犬の倍ぐらいある大きさの犬が×4匹現れたと思ってください。






ワンワン!ワンワン!






しかも吠えてるし、ゆっくり近づいてきてる!!






( ; ゜Д゜)






怖いよぉおお!!









しかし、ここは慌てず騒がず、ゆっくり後退りする僕。しかし、30秒後にはダッシュで逃げてました(笑)





再び、スカイラインに戻る僕。

f:id:judoandrakugo:20160112202459j:image

目の前の廃墟に逃げるのは、もっと怖かったので、とりあえずスカイラインを下ることに。









30mほど下ったところでガードレールの向こう側をふと見ると、















((((;゜Д゜)))











なんと、









子犬がいました。

f:id:judoandrakugo:20160112205206j:image


しかも4匹。

おそらくさっきの犬達の子供みたいです。
生後1ヶ月くらいでしょうか。4匹で丸くなって寝ていました。(シャッター音で起こしてしまいました。)





子犬がかわいかったのですが、野良犬は危険ですし、僕には保護をする責任も持てないので、とにかく親犬たちが来る前に下山することにしました。




その後、適当な登山道を見付けて下山したのですが、偶然ロープウェイ跡地のコンクリートの階段を見つけることがました(この時点で、さっきの子犬の場所付近から親犬の吠えてる声が聞こえてきて恐怖でした)。





猛ダッシュで下山し、蒲郡市幸田町の境目にある登り口に着いたのは17時過ぎでしたが、こちらのルートでは野犬に遭遇することもなく、とにかく明るいうちに下山が出来てよかったです。



結局、車に戻った頃には18時を過ぎており、辺りは真っ暗でしたが、野犬に襲われなくて本当によかったと安堵して帰路に着くことが出来きました。




今回分かったこととしましては、三ヶ根山(大沢登山道~山頂付近)には野犬が生息しておりますので、くれぐれも遊びに行く方はご注意下さい。
また、廃墟への侵入も危険ですので、絶対にやめた方がいいです。




主に野犬に襲われそうになった怖い体験のレポートになりましたが、これにて愛知県最強のディープスポット、三ヶ根山のレポートを終わります。




※結局、三角点には到達できませんでしたが、とりあえず三ヶ根山には登ったことにします(笑)
これで今年の目標達成まで、あと47山です。




おわり