読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕のブログ 弐番館

造園会社に勤める僕が、趣味や仕事のことを書いています。

人生は負けたほうが勝っている―格差社会をスマートに生きる処世術 (幻冬舎新書)を読みました

今年に入ってから読み始めて、読み終わった本の第1冊目は「人生は負けたほうが勝っている―格差社会をスマートに生きる処世術 (幻冬舎新書)」です。


人生は負けたほうが勝っている―格差社会をスマートに生きる処世術 (幻冬舎新書)


9年前の2007年1月に出版された本なのですが、現在流行っているミニマリストの勧め、みたいなことが書いてあったり、僕が仕事を辞めた時に気を付けたことに近いようなことが書いてあったりして意外と面白く、2時間くらいで読めてしまいました。



ネタバレのような気もしますが、僕が最後まで読んでみて、この本に書いてある内容を一言で言うと、トラブルに巻き込まれるくらいなら多少損した方がいい、ということが沢山書いてある本といったところでしょうか。



内容としては少し物足りない感はありますが、様々なトラブルの具体的な対処方法が書いてありますので、人間関係や金銭の問題を抱えている人には、おすすめです。



おわり