僕のブログ 弐番館

造園会社に勤める僕が、趣味や仕事のことを書いています。

結婚式やるかやらないか問題

来年結婚式をやる友人がいる。僕は呼ばれるのか分からないけど、このご時世に結婚式を挙げる人は単純に僕は尊敬している。周りを見渡すと様々な事情もあって結婚式を挙げなかった、もしくは、かなり小規模に結婚式を挙げた夫婦も見かける。というか僕は将来、結婚式を挙げるのか挙げないのか現在非常に迷っている。イベントの少なかった時代や、若者にも今以上にお金があった時代には結婚式をやるのが普通だったみたいだ。しかし、現在はイベント(昔で言うハレの日)は多種多様に存在しているし、現在は若者にも昔ほどお金が無い。というか結婚式というたった1日だけのイベントのために300万とか大金を使うのはどう考えても今の僕には無理だ。というか100万でも泣きそうになる。そもそも結婚式とは何なんだろうか。やはり、結婚というごく個人的なことで人々から祝福されるのはとても嬉しい事であろうとは思う。しかし、このご時世で僕のような人間が、ご祝儀まで頂いて祝ってもらうというのはなんだか気が引ける。そして式、披露宴、二次会と考えると僕自身は1日仕事だし、友人知人親戚縁者を少なくとも半日は拘束することになる。それもやはり、なんだか気が引ける。そもそも結婚式(二次会)に呼ぶ友人知人が少ない。頑張って20人くらい。というか誰を呼んで誰を呼ばないといった選択が辛い。沢山の人を呼びたい気もするけど、向こうはどう思っているんだろうとか考えると気が引ける。あぁ辛い辛い(笑)やっぱり僕に結婚式は向いてない。そもそも結婚式をやる費用(仮に300万)あれば、新車が買えるだろって思ってしまう。新車を買わなくても、100万の中古車&新婚旅行の費用、出産費用と考えても300万なら充分お釣りが来る。一人暮らしの生活費なら1年以上暮らせるし、1日でパーッと使えるもんじゃない。もう結婚式は止めよう、お金が無い。だいたい一部メディアが盛大な結婚式をゴリ押ししてる気がしてならない。そういう価値観の押し付けも好きではない。というかそもそもお金が無い。それでもまぁ、世間体として、それなりに出せる範囲でお金を出してそれなりの結婚式をやるというのも考えたが、「着物とか着るのメンドクサイから別にやらんでもいいよ」という身内からのお言葉を頂いたので、やはり結婚式はやらない方向で話が進んでいくと思う。というかもう家族だけで飲み会にしよう。友人も5人とか10人くらい呼んで飲み会にしよう。もうそんな感じでいいよね。このブログは結婚はおろか、彼女すらいない私が20分くらいかけて書いたものである。おわり