僕のブログ 弐番館

造園会社に勤める僕が、趣味や仕事のことを書いています。

あれから2年

新卒で入った会社を退職して2年になる。2年前の今日は有休を消化していた。1年(11ヶ月半)しか働いていない私に半月分の有休をくれただけでも充分ホワイト企業だった。というか本当にホワイト企業だった。よく、会社を辞めてから働いていた会社に対して、「いい会社だったし、今は感謝しかないです!」みたいなブログを時々見かけたりもするが、私の場合もまさにそんな感じだ。嫌な上司もいなかったし、新人の私も自由に意見が言えた。ただ、私はコミュニケーションを取るのが下手で、周りの同期に比べて上司に質問をするのが苦手であった。ボーナスも少なからず貰えていたし、残業もほとんど無かった。そして何よりも休みが年間105日以上あった。営業の仕事を経験して、サラリーマンとしての最低限のマナーや、人とのコミュニケーションの大切さも知ることが出来た。また、辞めてからの2年間は長くもあり、短くもあった。夢を追いかけ東京で暮らしたり、今の会社に入社し、中型免許を取ったり、様々な経験が出来たし、精神的にも肉体的にも目に見えて成長できた。現在は休みが少ないが、絵画やカメラ、登山、某ボランティア活動などたくさんの趣味を楽しんでいる。荒れていた時期もあったが、前の会社を辞めてからの2年間、というか大学を卒業してからの3年間は自分の引き出しを増やせた(増やしている)し、人間として間違いなく成長できたのだ。これからの2年、3年、もっと言えば20代の残りの時間で、更なる自分の成長、そして「幸せ」を掴み取りたい。おわり